外国人患者受入医療機関の新型コロナウイルスに関連した感染症への対応について(情報提供)

政府は1月28日、中国を中心に感染が拡大している新型コロナウイルスによる肺炎について、感染症法に基づく「指定感染症」と検疫法の「検疫感染症」に指定する政令を閣議決定し、2月7日に施行されることとなりました。
春節の連休に合わせて中国から多くの渡航者が見込まれることから、新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、 外国人患者受入医療機関宛に京都府から出された文書を一部手直しして 情報提供いたします。
会員医療機関において疑いのある患者を診察する場合には、下記の事項についてご注意ください。

外国人患者受入医療機関の新型コロナウイルスに関連した感染症への対応について(情報提供)

ページの先頭へ