厚労省、診療報酬に関して、疑義解釈その37~40を相次いで発出

 厚生労働省は、事務連絡「疑義解釈資料の送付について(その37)、同(その38)(1月12日付)、同(その39)(1月13日付)、同(その40)(1月18日付)を、それぞれ発出しました。

 「その37」では「不妊治療」について、「その38」「その40」では「SARS-CoV-2(新型コロナウイルス)抗原検出(定性)について、「その39」では「調剤技術基本料・院内製剤加算」について、それぞれ伝えています。

 これら事務連絡はこちら↓↓↓
疑義解釈資料の送付について(その37)
疑義解釈資料の送付について(その38)
疑義解釈資料の送付について(その39)
疑義解釈資料の送付について(その40)

ページの先頭へ