厚労省、疑義解釈その34、35を発出(12月9日・21日)

 厚生労働省保険局医療課は12月9日、事務連絡「疑義解釈資料の送付について(その34)」を発出。12月21日には、事務連絡「疑義解釈資料の送付について(その35)」を発出しました。

 「その34」では、「D254 電気味覚検査」について、「濾紙ディスク法による味覚定量検査における味質液の標準的な調製方法」に基づき調製した味質液を用いた場合の算定について示しています。

 「その35」では、「C162 在宅経管栄養法用栄養管セット加算」について、特定保険医療材料である交換用胃瘻カテーテルを使用した場合の算定などについて示しています。

 これら事務連絡はこちら↓↓↓
疑義解釈資料の送付について(その34)
疑義解釈資料の送付について(その35)

ページの先頭へ