画像診断報告書の確認不足で注意喚起~医療安全情報~

画像診断報告書を確認しなかった事例が37件報告されています。
(集計期間:2015年1月1日~2018年3月31日)。

これを受けて日本医療機能評価機構が、画像診断報告書の確認不足について注意喚起しており
「画像検査~画像診断報告書の確認~患者への説明」の流れを整理し、業務工程を確立する
ように呼びかけております。

また、事例が発生した医療機関の取り組みとして
・画像診断報告書を確認してから患者に説明する。
・画像診断報告書が未読の場合に気付ける仕組みを構築する。が紹介されています。

詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.med-safe.jp/pdf/med-safe_138.pdf
(公益財団法人日本医療機能評価機構 医療安全情報No.138より)

ページの先頭へ