医院の経営管理

個人情報の取り扱いについて

2017年5月30日に、改正個人情報保護法が全面施行され、
個人情報を取り扱うすべての事業者に個人情報保護法が適用されます。
従来の個人情報保護法では、識別される特定の個人の数の合計が
過去6ヶ月以内のいずれの月においても5000件を越える事業者を対象にしていましたが、
今回の改正で、この対象外とする制度が廃止されます。
医療機関として必要な対応は、まず、個人情報の利用目的の特定及び通知、
安全管理措置及び従業者の監督・委託先の監督、第三者提供の取り扱い、
情報の開示・訂正・利用停止について整備し、個人情報保護規定を作らなければいけません。
さらに、規定の概要を院内に掲示しておくことが必要となります。

個人情報保護規定<見本>
個人情報保護規程2017
2017.6.9更新

院内掲示「個人情報保護に関する方針」<見本>
個人情報保護に関する方針

院内掲示「個人情報の取扱いについて」<見本>
個人情報の取扱いについて

個人情報保護に関する誓約書<見本>
個人情報保護に関する誓約書

 

マイナンバーの取り扱いについて

2015年10月より個人番号及び法人番号が通知され、2016年1月より順次、利用が開始されている「マイナンバー制度」。
協会では、医療機関実務の留意点をまとめました。

「マイナンバー制度導入でどうなるの?」
2940号付録①

ページの先頭へ