届出医療・適時調査対策セミナー(病院向け)を府南部で開催します

 適時調査による返還金等が全国的に問題となっており、ピーク時に比べれば減ってはいるものの、2017年度の返還金額は、全国で36億円を超えています。
 2018年度診療報酬改定に伴い、適時調査の実施方法も18年度実施分から若干変更されています。大きな変更点は、当日準備書類の通知が「前日」から「1カ月前」と早まったこと、適時調査の実施要領が、調査票を含めて公開されたことです。しかし、公開された資料は1000頁を超える膨大な分量に及び、容易に扱えるものではありません。
 そこで保険医協会では、京都府南部(綴喜・相楽地区)及び奈良県の会員病院を対象に、届出医療の管理や適時調査対策に関するセミナーを企画いたしました。本セミナーでは、「最新!適時調査対策 『どうしてもお伝えしたい、施設基準、届出医療の管理方法』」と題し、適時調査の変更点や公開された資料も紹介しながら、適時調査に備え、入院料を含む、届出医療の日常管理について、ポイントを押さえて解説させていただく予定です。
 会場の都合によりご参加いただけるのは、京都府南部・奈良県からの参加者を合わせて50名限定(京都・奈良の保険医協会会員医療機関の方のみ)、所定の申込用紙等による先着順、完全事前申込制とさせていただきます(定員に達し次第、申し込み受付を終了させていただきます)。京都府南部開催限定、参加費は無料です。
 ぜひこの機会にご参加いただき、届出医療の日常管理にお役立てください。

届出医療・適時調査対策セミナー
「最新!適時調査対策『どうしてもお伝えしたい、施設基準、届出医療の管理方法』」

△日 時:2019年5月29日(水)午後2時~午後4時
△場 所:京都山城総合医療センター9階「会議室」
    (京都府木津川市木津駅前一丁目27番地、JR木津駅すぐ)
    ※お問い合わせ等は、会場の京都山城総合医療センターにしないでください。
△テーマ:最新!適時調査対策「どうしてもお伝えしたい、施設基準、届出医療の管理方法」
△対 象:京都府南部(綴喜・相楽地区)と奈良県の保険医協会会員病院の方
△参加費:無料
△申込方法:下記受付フォームよりお申込み下さい(定員(50人)に達し次第受付終了)
△共 催:京都府保険医協会、奈良県保険医協会
△協 力:京都山城総合医療センター
△お問い合わせ:京都府内の方→京都府保険医協会 Tel.075-212-8877(担当:花山)
        奈良県内の方→奈良県保険医協会 Tel.0742-33-2553(担当:竹島)

※病院の駐車場はスペースが限られていますので、公共交通機関でのご来場をお願いいたします。

ページの先頭へ