医療政策セミナー「今、医療界が抱える話題、問題、課題、 難題」の開催案内

 本年10月の消費税率引き上げに伴う診療報酬・介護報酬への補てん方法・内容については、抜本的な解決が行われたとは決して言えませんが、ようやく決まり、改定内容の告示待ちの状況です。この控除対象外消費税問題にかかわらず、マイナンバーカードでのオンライン資格確認の導入、医師の働き方改革、医師偏在と適正化、妊婦加算凍結と患者負担、外国人向け医療ツーリズム等、医療界を取り巻く話題等は多く、挙げ始めれば尽きることがありません。

 そこで今回の保険医協会「医療政策セミナー」では、「今、医療界が抱える話題、問題、課題、難題(仮題)」をテーマに取り上げ、神奈川県保険医協会事務局次長で、全国保険医団体連合会(保団連)の政策小委員を務められる高橋太氏を京都にお招きし、医療人として今、知っておくべき話題、問題、課題、難題の数々をオムニバス形式で解説していただく予定です。

 高橋氏は、神奈川県保険医協会が発信する医療政策等に係る談話・声明の発信に携わっておられ、話題豊富です。ぜひこの機会にご参加いただき、病院の今後の運営の参考にしていただければ幸いです。

△日 時:2019年4月26日(金)午後2時~午後4時
△場 所:京都府保険医協会会議室「ルームA~C」(地図参照)
     (京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル七観音町637 インターワンプレイス烏丸6階
      ℡075-212-8877)
△テーマ:「今、医療界が抱える話題、問題、課題、難題」
△講 師:神奈川県保険医協会事務局次長、全国保険医団体連合会政策小委員 高橋 太 氏
△対 象:保険医協会会員病院の管理者(院長)、事務(部・局)長及び看護部長
△参加費:無料(ただし、会員病院・診療所に限る。要事前申込、定員に達し次第受付を終了)

 

ページの先頭へ