相続セミナー ~「遺言書の書き方」と「生命保険の活用」~

相続に向けて準備しませんか?
相続セミナー
~「遺言書の書き方」と「生命保険の活用」~

法的に有効で、相続時にもめないための「遺言書の書き方」についての基本や留意点等を
法律の専門家(公証人)が分かりやすく解説します。
また、相続税対策として、ドクターにおススメの生命保険の活用についてもご案内します。
もしものときに備えて、何から準備をしていけばいいのかと不安に感じておられる先生や
ご家族の皆様は、是非お気軽にご参加下さい。

遺言書とは
遺言者の判断能力がある元気なうちに、準備・作成することが大切
一度作成した「遺言書」は、状況の変化に応じて、作り直すことが可能

公証人とは
法的紛争を予防するために、遺言等の公正証書の作成、会社等の定款の認証等を中立・
公正に担う法律の専門家。公証人は、法務大臣が任命し、全国で約480人います。

天野氏プロフィール
長らく検事を務められた、経験豊かな法律の専門家です。
現在、京都で6人おられる公証人のひとりとして活躍されています。

日 時  2018年6月21日(木)
① 午後2時~3時30分
  「遺言書の書き方」 
京都公証人合同役場 公証人 天野 和生氏
② 午後3時30分~4時
「生命保険の活用」   
三井生命保険株式会社 京都支社長 池部 宣行氏

場 所   京都府保険医協会 ルームA

参加費  無料(要申込)
協 賛   有限会社アミス

申込用ファクスはこちらから「相続セミナー」

ページの先頭へ