第18回文化講座「ミニ料理教室」講義スタイル

日本の食文化の原点である昆布だし、かつおだしに精通し、「京都の懐石料理」を継承される
懐石近又7代目当主の鵜飼治二氏を講師に“ミニ料理教室”を開催します。
エプロンも付けない、包丁も持たない、季節の懐石料理3品のデモと昼食付きの講座で、
京懐石を楽しみませんか。ご家族・従業員の方お誘い合わせの上、ご参加下さい。

△日時=5月20日(日)午前11時~午後2時
△場所=「近又」(中京区御幸町通四条上ル)
阪急「河原町駅」より徒歩5分
京阪「祇園四条駅」より徒歩10分
△講師=懐石近又 七代目当主 鵜飼 治二氏
△内容=テーマ「和食の原点と食育の大切さ」
季節の懐石料理のデモ3品(だしの試飲あり)、昼食付
△定員=30人(※先着順、要申込)
△参加費=会員:8,000円、家族・従事者:9,000円

ページの先頭へ